チンパンジー科

昨日の書き込み「ヒト科」に関して少し補足したいと思う。

ヒトとチンパンジーの遺伝的距離が極めて近いとすれば、グループ名は「ヒト科」でなく「チンパンジー科」でもよかったはずである。もちろんそうしなかったのは我々ヒトをチンパンジーのグループに入れることに分類学者が耐えられなかったからだろう。「チンパンジーはヒトの一種だ」ということならまだヒトとしてのプライドも守れるというものである。

ところでこのことに関してより本質的な問題がある。それはヒトとチンパンジーの共通祖先はチンパンジー的だったのか、それともヒト的なものだったのか、というものである。「ヒトはチンパンジーから進化した」のか、逆に「チンパンジーがヒトから進化した」のか、と言い換えてもいい。

このことを考える上で重要な化石の発見が西暦2000年前後に相次いだ。これら化石”人類”達はいずれも直立二足歩行をしたと考えられている。生存年代の古い方から順にあげる。

サヘラントロプス・チャデンシス (Sahelanthropus tchadensis)
約700万年前に生存。サヘラントロプスは「サヘル(サハラ砂漠の南)のヒト」の意味。また「トゥーマイ(現地語で生命の希望の意味)」という愛称で呼ばれている。
オロリン・ツゲネンシス(Orrorin tugenensis)
約600万年前に生存。オロリンは現地語で「最初のヒト」の意味。
アルディピテクス・ラミダス・カダバ(Ardipithecus ramidus kadaba)
約520万年~580万年前に生存。アルディピテクスは「地上のサル」・カダバは現地語で「祖先」の意味。

注目すべきはその生存年代の「古さ」だ。それまでヒトとチンパンジーの進化上の分岐はDNA解析から約500万年前とされてきた。ところが上記の3種の化石人類はこの年代よりも古いのである。そのため現在の通説は「分岐は約700万年前」と訂正されている。

しかし、上記3種を「ヒト・チンパンジー分岐」より以前の存在と考えることはできないのだろうか?つまり彼らはヒトとチンパンジーの共通祖先であると。仮にその考えが正しいとすると、直立二足歩行をするヒト的な動物からチンパンジーが進化して二次的に直立二足歩行をやめたということになる。「ヒトからチンパンジーが進化した!」

いずれにせよ「ヒトはいつどのような理由でヒト的な要素を獲得してきたのか」ということが解明されていく必要があるだろう。

【関連リンク】
最古の人類に迫る 700万年前の化石の謎」(日経サイエンス)
人間性の進化 700万年の軌跡をたどる」(日経サイエンス)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ヒト科

チンパンジーはサルか?それともヒトか?

この設問に対してほとんどの人は前者の「サル」とお答えになり、「馬鹿げた質問だ」とお笑いになることだろう。しかし現在の分類学ではチンパンジーとゴリラをともに「ヒト科」に分類している。この分類にもとづけば答えは「ヒト」ということになるだろう。

こうした分類は1990年代に有力になった。その背景にはDNA解析によりヒトとチンパンジー・ゴリラとの遺伝的距離は従来考えられたものよりはるかに近いことが明らかになったことがある。チンパンジーとヒトのDNAの違いはわずか1~2%とされている。

さて、ヒトをその他の動物から分かつ定義は何か?
様々な定義が試みられてきた。例えば「直立二足歩行をする動物」であるとか「話をする動物」であるとか。その中に「道具を使用する動物」という定義がある。しかし昆虫や鳥などにもある種の「道具」の使用が知られている。例えばダーウィンフィンチの一種はサボテンのハリを使って木の穴の虫を取り出す。この場合の「サボテンのハリ」は道具ではないのか?

こうしてこの定義の改訂版が登場する。その定義は「道具を作る動物」というものだ。この定義だと該当するのはヒト以外にはないように思われた。しかしチンパンジーの道具の中には、余分な枝を落として使いやすくした棒のようなものが存在する。これは「道具を作った」といえないか?

そして最近、チンパンジーの道具使用に関連する2つの注目すべきニュースがあった。1つは「チンパンジーが4300年前に使った石器発見か」というCNNのニュースである。内容は「コートジボアールでチンパンジーが約4300年前にハンマーとして使ったと見られる石片が見つかった。」というものである。記事には「表面は磨耗し、この地域のチンパンジーが主食とする木の実のでんぷんが付着していた。現地に当時、人間が定住していた形跡はなく、石片は人間の手で持つには大き過ぎることなどから、チンパンジーの道具だった可能性が高いという。 」と書かれている。

もう1つのニュースは「セネガルに生息するチンパンジーがやりを作って狩の道具として使っている」という共同通信の記事である。以下に記事の全文を中日新聞から転載する。こうした「道具」をチンパンジーは何時から使用し始めたのだろうか?仮にヒトとの分岐以前からだとすれば、そのときの共通祖先をどう呼べばいいのだろうか。ヒトなのかサルなのか?


チンパンジーが武器製造・米の助教授ら確認

【ワシントン=共同】西アフリカ・セネガルのサバンナに生息するチンパンジーが木の枝からやりを作り、狩りの道具として使っていることが、米アイオワ州立大のプリーツ助教授らの観察で分かった。人間以外の動物による「武器製造」が確認された初のケースとみられるという。23日付の米紙ワシントン・ポストが、米科学誌カレント・バイオロジーに発表された論文の内容として報じた。

 同紙によると、同助教授ら米英の研究チームがセネガル南東に生息するチンパンジー35頭を数年間にわたって観察したところ、やりを使うような行動を22回確認した。

 チンパンジーは側枝や葉を落として平均約60センチの手ごろな長さにした枝の片端をかみ、やりのように鋭くした。これを使って樹木の空洞を繰り返し突き刺した。

 22回のうち3分の2は雌による行動で、1回はキツネザルに近い小型のサルであるガラゴの捕獲に成功したという。

 チンパンジーはこれまでも、木の葉をスポンジ代わりにして水を染み込ませて飲むなど道具を使うことが知られていたが、「食料を得る目的で道具を作るとは驚き。人間以外では初めてと言ってよいだろう」(南カリフォルニア大のスタンフォード教授)との声が上がっている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)