多田富雄著『わたしのリハビリ闘争』

昨年の診療報酬改定で、発症から一定期間を経過したリハビリテーションを打ち切るという制度変更が行われた。これに対して、現実にリハビリ治療を受けていた多くの患者は反対の声を上げ、多数の署名が厚労省にたたきつけられた。この問題は国会でも取り上げられ、厚労省は一定の譲歩をしたかに見えた。マスコミでもこの問題がとりあげられることは少なくなり、私などは従前のようにリハビリ治療が続けられるようになったと思い込んでいた。

今回、多田富雄氏の『わたしのリハビリ闘争』を読み、リハビリを巡る状況が一層悪くなっていることを知って愕然とした。全く迂闊なことであった。厚労省は何の反省もしていなかった。相変わらずリハビリ医療破壊に邁進しているのである。

著者の多田富雄氏は「サプレッサーT細胞」の発見で知られる著名な免疫学者である。『免疫の意味論』という著作を読まれた方も多いのではないだろうか。ここに取り上げる『わたしのリハビリ闘争』は重度障害者となった多田氏による厚労省との闘いの記録である。

多田氏は2001年に脳梗塞を発症し、重度の「右半身麻痺」、「言語障害」、「嚥下障害」の後遺症が残り、4年間にわたってリハビリテーションを続けられてきた。

ところが昨年3月末、担当の医師より突然、「診療報酬改定により、4月より発症後180日を上限としてリハビリを実施できなくなった」と宣告された。リハビリによってかろうじて残存機能を維持することができていた多田氏はリハビリを継続できなくなったことを知った。

多田氏は直ちに4月8日付「朝日新聞」の「私の視点」に「診療報酬改定・リハビリ中止は死の宣告」という投稿を行った。この投稿で「リハビリを続けたおかげで何とか左手だけでパソコンを打つことができ、文筆生活を送っている」、「リハビリを拒否されたらすぐに廃人になる」、「構音障害に対する言語療法は180日より遥かに長い訓練が必要である」、と訴えた。

この投書は国民的共感を呼び「リハビリ打ち切り反対」の署名運動に発展した。40日余りの間に44万人を越える署名が集まり6月30日に厚労省に届けられた。

しかし、厚労省は無視を決め込んだ。その間に治療が打ち切られた事例が新聞で報道され、国会質問でも何度も取り上げられた。

やっと11月7日になって、「朝日新聞」に「患者切捨て批判は誤解」と題する厚労省医療課長個人名での反論投稿がされた。この投稿では、「制限日数を超えた患者は全国6000ヶ所の通所リハビリ施設へ移行できる」と述べられている。

直ちに多田氏は再反論を「朝日新聞」に投稿したが、朝日新聞は「同一人物が何度も登場するのは好ましくない」という理由で掲載しなかった。

この投稿で多田氏が行った主な反論は次の諸点である。
1.全国6000ヶ所とはデイケア施設の数であり、その中でリハビリを実施しているのはわずかな数に過ぎない。
2.そこで行われているリハビリも簡単な体操程度のものに過ぎずレベルが格段に低い。
3.厚労省は「回復期に重点的に手厚いリハビリを施す」とメリットだけを強調するが、一方では慢性期・維持期の患者の切捨てである。
4.厚労省は「高齢者リハビリ研究会」の専門家の「効果の明らかでないリハビリが長期間にわたって行われている」という意見を論拠としてきた。ところがこの研究会の議事録にはこのような指摘は一度もない。

全国保険医療団体連合会が9月から11月までの2ヶ月間にわたる562の医療機関に対する調査を行い、17000人余りがリハビリ医療を打ち切られている状況が明らかになった。この数字からリハビリを打ち切られた全患者数を推計すると20万人を超える。もはや厚労省は白紙撤回するほかない状況となった。

ところが厚労省は12月25日になって、社会保険事務局長宛の通達を出した。内容は、
1.リハビリを一律に打ち切ることは不適当である。
2.利用者を医療保険から介護サービスに円滑に移行させるように取り計らえ。
というものであった。一律打ち切りの制度変更を行った厚労省が、何ら受け皿にはなりえない介護保険に移行するように丸投げするものである。

このように多田氏のような患者の闘いにもかかわらず厚労省はリハビリ切捨ての政策を変更していない。多くの「リハビリ難民」が生み出されている状況が現在も続いている。

この本にはなぜ厚労省がこうした政策を打ち出してきたかの分析もなされている。ぜひ多くの方が一読されることをお勧めする。

最後に、自らのリハビリが打ち切られたあと亡くなった社会学者の鶴見和子氏の最後の短歌を2首、本書から孫引きする。

政人(まつりごとびと)いざ事問わん老人(おいびと)われ生きぬく道のありやなしやと

ねたきりの予兆なるかなベッドよりおきあがることのできずなりたり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男と女

日米で男児の出生数が減少し続けているというニュースに目が止まった。以下朝日新聞のサイトから記事を全文転載する。


日米で男児の出生率が減少 米ピッツバーグ大が統計分析

2007年04月16日23時37分

日米両国で70年代以降、男の赤ちゃんが生まれる率が下降傾向にあることが米ピッツバーグ大などの調査でわかった。70年代の男女比を基準に試算すると、数字の上では過去の30年間に両国とも13万人前後の男児が女児になったことになるという。米国立環境衛生科学研究所の専門誌(電子版)に掲載された。

 日本の統計(1949~99年)と米国の統計(70~02年)を分析したところ、両国とも70年ごろ以降、出生1万人当たりの男児の割合が減り始め、当時と最新年を比べると、日本では出生1万人あたり37人、米国全体では同17人、米国の白人では同21人減っていた。

 新生児のうち男児の割合は、日本では99年までの30年間で51.72%から51.35%に落ちていた。もし男女比が70年代のままだったら、数字の上では12万7000人の女児が男児として生まれていたはずだったという。米国の白人では、この数字が13万5000人だった。

 この間、胎児死亡に占める男児の割合は両国とも上昇傾向にあり、日本では50年代には半数をやや超える程度だったのが、最近はざっと3分の2が男児になっている。

 男児の減少はこれまでオランダやベルギー、カナダなどでも報告されている。同大のデブラ・デービス教授は「環境中にあるなんらかの汚染物質が、男女を決める遺伝子に影響を及ぼしているかもしれない」との見方を示している。


この記事によると日本の統計では、出生時の男児の割合は99年でも51.35%であるからまだ女児よりも男児が多く生まれていることになる。したがってそれほど問題にする必要はないように思われるかもしれない。しかし男児が女児より多く生まれることには理由がある。

元々、出生時には男児が多く生まれるが生殖年齢に達する頃には男女ほぼ同数になる。つまり男の子は女の子より”死にやすい”ためにより多く生まれてくるともいえるわけだ。したがって、もし男児の出生率が今後も低下し続けると、大人になったときには男性が女性より少なくなることになるだろう。

記事では男児の率が減る理由については2つの可能性を挙げている。1つは胎児死亡に占める男児の割合が上昇傾向にあることである。最近では何と胎児死亡の2/3が男児だということである。ただその原因については触れられていない。

もう1つは汚染物質が男女を決める遺伝子に影響を与えている可能性があるということである。いわゆる環境ホルモンが影響して男児を減らしているということだろう。

”死にやすい性”としての男はもちろん子供時代だけのことではない。大人になっても女性に比べて男性は死にやすい。その結果が平均寿命においての男女の大きな差となって現れている。

この”死にやすさ”の傾向については老後において男女で対照的になる、という記事がある。老後に女性は夫が生存している方が死亡リスクが2倍になるが、逆に男性は妻が死亡すると死亡確率が2倍になるという。少し古い記事だが朝日新聞の記事から転載する。


老後に夫と同居→妻の死亡確率2倍

2007年01月29日

 老後に夫と暮らすと、妻の死亡リスクが約2倍に高まる――。そんな調査結果を発表した愛媛県総合保健協会の藤本弘一郎医長が愛媛医学会賞に選ばれ、28日に松山市で授賞式があった。藤本医長は「夫が日常生活の多くを妻に依存している高齢者が多く、肉体的にも精神的にも妻には夫の存在が負担になっている」と指摘している。

 調査では、96~98年に松山市に隣接する旧重信町(現・東温市)で、60~84歳の男女約3100人に配偶者の有無や喫煙習慣、糖尿病や高血圧の治療歴など17項目を答えてもらった。

 約5年後の01~02年に対象者の生死を確認。調査中に死亡した男女計約200人と生存していた約2900人を比べ、配偶者の有無などが死亡に与えた影響を60~74歳と75~84歳(いずれも96~98年当時)で分析した。

 その結果、75~84歳では、女性は夫がいる方が、いない場合に比べて死亡リスクが2.02倍に高まった。一方、男性は妻がいる場合、いない場合に比べて0.46倍に下がっていた。60~74歳でも同様の傾向が見られたという。

 藤本医長は「夫の依存が妻に負担をかけている一方で、妻に先立たれると夫は身の回りのことを助けてくれる存在を失い、逆に死ぬ危険性が高まる。夫が家事などを覚えて自立することが大切だ」と話す。


| | コメント (0) | トラックバック (5)

ピロリ菌

ピロリ菌について注目すべきニュースがある。 (毎日新聞 Yahoo!ニュース


(転載開始)
<ピロリ菌>人類感染は5万8000年前 日米欧チーム研究

胃かいようなどの原因とされるピロリ菌に人類が感染したのは、人類がアフリカにいた約5万8000年前とする研究成果を、日米欧などの合同チームがまとめた。また、地域や民族によってピロリ菌の遺伝子が違うことから、日本人の起源の解明など、人類の足跡を知る「証拠」にもなりうるという。7日付の英科学誌「ネイチャー」で発表した。

 チームは6年がかりで世界51民族、769人の胃からピロリ菌を集め、菌の遺伝子の違いを分析した。その結果、遺伝子は民族ごとに異なり、アフリカや欧州、アジアなど地域ごとに6種類に大別されるほか、人類が最初に誕生したとされる東アフリカを起源に変化してきたと考えるのが最も合理的との結論を得た。人類がアフリカから各地に移住し始めたのは約5万年前とされているが、遺伝子の変化を逆算し、最初の感染時期はさらに約8000年さかのぼるとみられる。

 ピロリ菌の遺伝子を比べると、例えば北米の先住民と日本人が似ているほか、在米アジア人は2世までアジア人タイプのピロリ菌を持っており、ヒトの遺伝子を使った解析よりも詳しい移住の歴史が解き明かされる可能性もあるという。

 チームの山岡吉生・米ベイラー医科大准教授(分子病原学)は「ピロリ菌は、人類史初期のアフリカ時代から人類を胃炎で悩まし、まるで遺伝のように受け継がれているらしいことが分かった。菌の感染経路や、国や地域によって胃がんの発生率が違う原因の解明などにもつながるはず」と話している。【山田大輔】

 ◇ピロリ菌…胃の中にいる細菌。胃や十二指腸のかいようを起こすことを豪州の研究者が解明し、05年のノーベル医学生理学賞を受賞した。先進国の中で日本は感染率が高く、国民の約半数が感染しているとされる。感染者は胃がんの発症率が5~10倍高いとの研究がある一方、大部分は生涯症状が出ないという。

最終更新:2月8日3時6分
(転載終了)


ピロリ菌は正式名称をHelicobacter pylori(ヘリコバクター・ピロリ)呼ぶ細菌だ。ヘリコバクターとはらせん形の細菌という意味である。強酸性の胃液に覆われた胃の中には細菌は生存できないとかつて考えられたが、そこに生きていたのがこの細菌だ。こいつは胃炎、胃潰瘍、さらには胃癌の原因と考えられている。

私は以前、数年おきに起こる胃潰瘍に悩まされていた。病院で検査してもらうとピロリ菌陽性と判明、薬による除菌を行った。これによりあれほど苦しんだ胃痛から開放された。皆さんの中で繰り返し胃潰瘍を起こす方には一度ピロリ菌の検査を受けられ、陽性の場合は除菌されることをお勧めする。(胃潰瘍があれば保険適応)

感染原因は完全には解明されていないが、次の4ルートが考えられているという。(「ピロリ菌と慢性胃炎・胃潰瘍・胃癌のサイト」参照)

(1)糞口感染・・・・感染者便中からピロリ菌が検出されることから、水洗トイレの普及していない地域での井戸水を介した感染か、「ハエ」「ゴキブリ」などが感染の媒介になっているとの説。

(2)家族内感染(口~口感染)・・・・口腔内(唾液)からピロリ菌が検出され、「母親から子への感染」「父親から子への感染」「兄弟同士の感染」など全て確認されてる。感染するのは主に子供で、親子間のキスや家族一緒の食事が感染原因の可能性がある。

(3)施設内感染・・・・保育所・幼稚園での小児の集団生活が感染源という説。

(4)医療感染・・・・・消毒の不十分な医療行為(胃カメラ、歯科治療など)が原因いう説。

成人になってからのキスによる感染の可能性については否定説が多いが、危険性を指摘する研究者もあるようだ。

さて、冒頭の記事だが、そのピロリ菌の遺伝子分析により東アフリカでヒトは58,000年前に最初にピロリ菌に感染したことがわかるという。これは「ミトコンドリア・イブ仮説」の裏づけになると思う。さらに、アフリカから世界中へのヒトの移住の歴史も解明できる可能性があるという。「ピロリ菌人類学」とでも呼ぶべき研究の進展が楽しみだ。

【参考リンク】

ヘリコバクター・ピロリ(Wikipedia)

ピロリ菌事典

マイカルテクラブ医学シリーズ

| | コメント (0) | トラックバック (14)