« 2009年1月 | トップページ

馬渡島

恒例、春の連休「島渡り」。

一昨年の小呂島(おろのしま)、昨年の玄界島、に続き馬渡島に今日行ってきた。

「馬渡島」と書いて「まだらしま」と読む。呼子の北西に浮かぶ島だ。
周囲14km、面積4.2k㎡で佐賀県最大の島。人口は約500人という。

呼子から定期船に乗り、名護屋を経由して40分ほどで到着した。

通常、こうした離島では船着場の周辺が島の中心集落のことが多いのだが、
この島では港の近くには人家が見当たらなかった。
昼近くのため売店を見つけて昼飯を買い込みたかったが、どっちへ行ったら
いいか分からず、とりあえず右に進んでみる。

しかし、しばらく進むと道は途切れ、ゴロゴロした石の転がる海岸線になっていた。

それではと今来た道を引き返し、反対方向に進んでみた。こちらが集落の方向だった。
一軒の売店が見つかったので、パンとお茶を購入する。

さてどこに行こうか?
今回は全く下調べをしていないので、どこに行ったら良いか皆目見当がつかない。
幸い案内板があった。表示された地図を見ると、「番所が辻」というところに展望台がある。ここまで徒歩で70分と書かれている。かなりの距離がありそうだが、船の最終便まで約4時間あり、行けない距離ではない。案内板には教会も表示されている。できればここにも行ってみたい。

歩き始めてしばらくすると、登り道になる。

何年も島歩きをしていると、以前にも同じ所を歩いたような錯覚にとらわれる。デジャビュという言葉が頭に浮かぶ。

道脇に濃いピンクのツツジの花が咲いている。その花の周りをクロアゲハが1羽飛び回っている。花と蝶の色のコントラストが実に美しい。デジカメを忘れたことが悔やまれる。
道端の所々に紫色のノアザミが咲いている。

ウグイスが山のあちこちで鳴いている。
トンビの声も聞こえる。

歩き続けるうち、路上に正露丸の様な黒い粒体を見つける。
この島は野生の山羊がいるということなので、その糞なのだろう。

勾配を増す道を歩き続ける。前方の高台に木造のやぐらが見えてくる。
ここが「番所が辻・展望台」だ。

立ってみると、周辺はすべてここより低く、島の最高点であることが分かる。
237.9mと表示してある。

ここが「番所が辻」と呼ばれている理由は、幕末期に黒船を見張った番所が置かれていたからだという。

展望台から周りを見渡してみる。

南側の佐賀県本土を見ると、ドーム状の2基の建造物が見える。これが玄海原子力発電所だ。「ここで今事故が起こったら」と思うとあまりいい気持はしない。

そこで反対側に目をやる。

平たく長い島影が見える。これが壱岐だ。

そう、正月にハーフマラソンで悪戦苦闘した島だ。その右側に見える小さな島が一昨年行った小呂島に違いない。

壱岐の左側に目をやると、水平線付近が陰っているように見える。天気が曇りであまり眺望がよくないが、もしかすると対馬が微かに見えているのだろうか?

展望台で買ってきたパンを食べ、しばらくするとウツラウツラとしだす。
島時間に心身を委ねる。これが島渡りの最高の快楽だ。

その時、携帯電話がけたたましく鳴り出す。電話に出ると、会社にかけられた電話が
転送されてきたものだった。相手と仕事関係の会話をする。この環境の中で仕事の話をしていることが不思議に思えてくる。
しばし島時間が仕事時間に切り替わる。

再び歩き始めると、また島時間にリセットされてくる。

前方に頂部にドームを乗せた建物が見えてくる。これが教会だ。
近づいて見ると白い外壁が美しい。

佐賀・長崎県の北岸の島々の多くにキリスト教禁教の時代に信者達が弾圧を逃れて信仰を貫いた歴史があるが、馬渡島もそうした理由でキリスト教徒が多い。
ここの教会自体は遥か後代のものだが、信仰の歴史を思うと感慨深いものがある。

教会を後にして、行きとは別の道を通って漁港に向かう道を歩く。

そして再び定期船に乗り、いつもの生活の場へ戻っていく。

| | コメント (14) | トラックバック (2)

« 2009年1月 | トップページ