« お正月が来た | トップページ | PLUTO 005 »

壱岐の島 新春マラソン大会

連休を利用して「壱岐の島 新春マラソン大会」に参加した。

12日に壱岐に渡り、午後から観光バスで島内観光をした。体を飛ばされるほどの猛烈な風(おそらく風速20mを超えていただろう)と雨、それに寒さの中、主だった観光地を見て回った。壱岐は3回目だったが、幾つか調べてみたいことが見つかった。
例えば「月読神社」が芦辺町にあるのだが、伊邪那岐命の三貴子の中で最も影が薄い月読命を祀った神社が何故壱岐にあるのか?
例えば「猿岩」。神が壱岐を造ったとき、壱岐が流れてしまわないように八本の柱に壱岐を結わえ付けた。それらの柱のうち折れ残ったものが現在の猿岩だという。この話は記紀にはないはずだが、「八本の柱」とは何なんだろう?
他にもこの島に残る「百合若伝説」や「神功皇后伝説」についても調べてみたい。

そして、13日。マラソン大会当日がやってきた。幸い雨はやみ、強風も収まった。

この大会、島外からも多くの参加者が集まっている。最も遠くから参加した方が表彰されたが、この方は北海道・札幌から来島されていた。また、高齢の参加者が表彰されたが最年長は何と86歳で、80歳以上の方は8名おられた。

さあ、いよいよスタートの時が来た。エントリーしたのは一般5キロ。スタートから坦々と走り出す。今回は特に野心があるわけでもなく、30分以内に完走できればよいと考えていた。しかし半分ほど走ったところで自分と同年輩と思える人がそれほど見当たらないことに気付く。この大会は20歳代以下・30歳代・40歳代・50歳代・60歳代・70歳以上という年齢グループ内で上位6名が表彰される。だから「うまくすれば表彰」という思いがチラッと頭を過ぎる。

しかしこの思いは直ちに打ち消された。折り返したランナーたちがすれ違って行ったのだがその中に多くの同年輩や年長の人達がいた。そこで自分の位置がはっきりとわかった。いっぺんで力が抜けたが、こうなれば完走を目指すのみ。折り返しからはやや苦しかったがゴールをひたすら目指す。沿道から住民たちが旗を振って声援をおくる。この大会が島のイベントとして定着しているのがわかる。

ゴールが迫ってくる。見ると前を自分と同年輩とおぼしき人が走っている。一瞬アスリートの気分になり、必死に走って追い抜く。そして、ゴール。

身に着けていたタグでタイムが自動計測され自分の記録証をもらう。24分台だった。”まあまあ”という記録だ。しかし終わってみると5キロはなんとなく物足りなく感じる。

今年中にハーフマラソンを完走する。これを今年の目標にする。

|

« お正月が来た | トップページ | PLUTO 005 »

「日記」カテゴリの記事

コメント

壱岐は神話と伝説の島なので歴史的に興味深いと思いますよ

原の辻遺跡は吉野ヶ里以上の規模だとも言いますし
昔の豪族の墓も多数あります

猿岩は写真で見るより現物は感動すると思います

今回大分の佐伯マラソンで知り合った人が来たので
前日に案内したのですが、猿岩を見た途端「うぉぉぉ~~~」と奇声を発してました(笑

投稿: ジーコ | 2008年1月14日 (月) 23時31分

ジーコさん、いらっしゃいませ。

もしかしたらジーコさんは壱岐の方ですか?ブログを拝見していたら『一支国語講座』というのがありましたので。
壱岐・対馬と総称しますが、この2島はずいぶん違いますね。地形もそれに人情も。

壱岐の皆さんは腰が低くて礼儀正しい。対馬はもう少し複雑な性格の方が多いように感じます。決して対馬の方を非難しているわけではないですが。

私は去年の福岡シティマラソンの5kmがデビューで、壱岐が2度目のレースです。ジーコさんのレベルまでは遥かな道ですが少しずつでも進んで行きたいと思っています。

投稿: 七面草 | 2008年1月15日 (火) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185149/9873047

この記事へのトラックバック一覧です: 壱岐の島 新春マラソン大会:

« お正月が来た | トップページ | PLUTO 005 »