« 壱岐の島 新春マラソン大会 | トップページ | 木喰 »

PLUTO 005

今日、『PLUTO 005』を購入し、読んだ。

PLUTO 004』を読んでこのブログに記事を書いてから、丁度1年になる。
この作品は、”ビッグコミックオリジナル”に連載中だが、単行本になってから読むようにしている。1年に一度の楽しみなのだ。

さて『005』を読んでみても、作品の全容はいまだ姿を現さず、幾つかのヒントが提示されるのみだ。

その1つは、ロボット刑事ゲジヒトは、反ロボット主義者アドルフ・ハースの兄を惨殺した悪夢に苦しんでいる。その殺人の理由がどうやら”憎悪”であったらしいのだが、ロボットが憎悪を抱くというのはどういうことなのか?
そしてその憎悪こそが、この作品のテーマの1つであるらしい。

前回の『004』でアトムはプルートウと戦い”死んだ”。『005』でアトムの生みの親である天馬博士は、アトムを復活させるべく修復作業を行う。しかしアトムは生き返らない。天馬博士は自分がかつて「完全なロボット」を作ったことがあることを、お茶ノ水博士に話す。そのロボットは世界人口と同じ60億人の人格を分析してプログラミングして作られた。しかし、ロボットは”目覚めなかった”。目覚めさせる方法は、「60億の混沌を1つの方向に統率することだ」と、天馬博士は言う。そのためには”怒り・悲しみ・憎しみ”などの「偏った感情」を注入することが必要だと言う。

その「完全なロボット」が目覚めなかった理由とアトムが目覚めない理由が同じだということなのだ。したがってアトムを目覚めさせるには「偏った感情」を注入することが必要なのだが、それを行えばアトムは「怪物」となるかもしれない。それが天馬博士の考えなのだ。

ゲジヒトの抱いた”憎悪”もこの「偏った感情」の1つだ。人間とは常に「偏った感情」に翻弄される存在だ。しかし、ロボットは人間によって「偏った感情」を持つことがないように作られた存在のはずだ。しかし、ゲジヒトはこの感情を持ってしまった。
何故?

ところで、天馬博士の言う「完全なロボット」はプルートウなのだろうか?おそらく違う。
時おり登場する謎の”熊のぬいぐるみ”がいる。『005』ではこの”ぬいぐるみ”は、「この世界は、勝者と敗者、賢者と愚者、生者と死者でできているが、自分以外は敗者・愚者・死者だ。」と言う。唯一の”勝者・賢者・生者”を自認するこの”ぬいぐるみ”こそ「完全なロボット」なのではないのか。
そしてこのロボットこそ”ボラー”ではないのか?
これはぼくの根拠のない想像なのだが。

『005』の最後の部分ではプルートウの秘密らしきものが明かされる。プルートウとの戦闘により散ったヘラクレスに対しプルートウから無数の電磁波を発信されていた。そのほとんどは”憎しみ”だったという。しかし、一瞬”別のもの”が送られてきていた。
それは、・・・・

花園に1人の女性がたたずんでいる。
そして、彼女の発する「プルートウ・・・・?」という言葉で『005』は終わる。
彼女はプルートウの母親なのだろうか?

|

« 壱岐の島 新春マラソン大会 | トップページ | 木喰 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185149/9988941

この記事へのトラックバック一覧です: PLUTO 005:

« 壱岐の島 新春マラソン大会 | トップページ | 木喰 »