« 2007年11月 | トップページ | 2008年4月 »

木喰

木喰(もくじき)という彫刻家がいる。
江戸時代後期に大量の仏像を彫った人物だ。江戸期の仏像彫刻家といえば円空が有名だ。木喰は円空ほどには一般に知られていないだろう。(いま、記事を入力中に”円空”は変換できたが、”もくじき”は”目次記”となってしまった。)

今日、福岡市博物館木喰展を見に行った。私は木喰仏(木喰が制作した仏像をこう呼ぶ)を直に見るのは初めてだったが、これまでに味わったことのない種類の感動を覚えた。例えば次にリンクする2体の像をご覧頂きたい。

薬師如来像

自身像

如何だろうか?
この独特な微笑が木喰の特徴なのである。なんとも表現のしようのない微笑だ。しかし、木喰仏の全てが微笑んでいるわけではない。例えば、不動明王像などは微笑んではいない。(今回の展覧会では不動明王像が数体展示されており、そのうち一体は傑作と呼ぶべきものだったが、残念ながらWeb上に発見することはできなかった。)

木喰の仏像制作の時期は30年に及ぶ。しかし、最初の仏像を作ったときは既に60歳を過ぎていた。つまり彼の制作期間は以後90歳を過ぎるまでということになる。当時としては例外的な93歳という長寿を得た人物なのだ。

彼は22歳のときに出家している。そして45歳の時に木食戒を受ける。これが”木喰”という名前の由来となる。”木食戒”とは五穀(米、麦、アワ、ヒエ、キビ)あるいは十穀(五穀+トウモロコシ、ソバ、大豆、小豆、黒豆)を絶ち、山菜や生の木の実しか口にしないという、厳しい戒律である。

木喰は全国行脚に旅立つのだが、既に56歳だった。その後、93歳で亡くなるまで蝦夷地(北海道)から鹿児島まで、日本列島のほとんどを遍歴しつつ、仏像を彫っている。その間、佐渡に4年間、日向(宮崎県)に7年間留まったのを例外として、一箇所に留まることは少なかった。

今回木喰展を見て、88歳を超えてからの最晩年の作品に傑作が多いことがわかった。独特な微笑みも最後に全面開花している。

木喰は仏像だけでなく、書画にも独特なものを残している。これらもWeb上で探してみたが適当なものが見つからなかった。是非、展覧会へ行かれるか出版物でご覧頂きたい。

最後に、木喰の短歌を2首。

みな人の 心をまるく まん丸に
どこもかしこも まるくまん丸

まるまると まるめまるめよ わが心
まん丸丸く 丸くまん丸

(この記事はWikipediaの木喰の項を参考にしました。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

PLUTO 005

今日、『PLUTO 005』を購入し、読んだ。

PLUTO 004』を読んでこのブログに記事を書いてから、丁度1年になる。
この作品は、”ビッグコミックオリジナル”に連載中だが、単行本になってから読むようにしている。1年に一度の楽しみなのだ。

さて『005』を読んでみても、作品の全容はいまだ姿を現さず、幾つかのヒントが提示されるのみだ。

その1つは、ロボット刑事ゲジヒトは、反ロボット主義者アドルフ・ハースの兄を惨殺した悪夢に苦しんでいる。その殺人の理由がどうやら”憎悪”であったらしいのだが、ロボットが憎悪を抱くというのはどういうことなのか?
そしてその憎悪こそが、この作品のテーマの1つであるらしい。

前回の『004』でアトムはプルートウと戦い”死んだ”。『005』でアトムの生みの親である天馬博士は、アトムを復活させるべく修復作業を行う。しかしアトムは生き返らない。天馬博士は自分がかつて「完全なロボット」を作ったことがあることを、お茶ノ水博士に話す。そのロボットは世界人口と同じ60億人の人格を分析してプログラミングして作られた。しかし、ロボットは”目覚めなかった”。目覚めさせる方法は、「60億の混沌を1つの方向に統率することだ」と、天馬博士は言う。そのためには”怒り・悲しみ・憎しみ”などの「偏った感情」を注入することが必要だと言う。

その「完全なロボット」が目覚めなかった理由とアトムが目覚めない理由が同じだということなのだ。したがってアトムを目覚めさせるには「偏った感情」を注入することが必要なのだが、それを行えばアトムは「怪物」となるかもしれない。それが天馬博士の考えなのだ。

ゲジヒトの抱いた”憎悪”もこの「偏った感情」の1つだ。人間とは常に「偏った感情」に翻弄される存在だ。しかし、ロボットは人間によって「偏った感情」を持つことがないように作られた存在のはずだ。しかし、ゲジヒトはこの感情を持ってしまった。
何故?

ところで、天馬博士の言う「完全なロボット」はプルートウなのだろうか?おそらく違う。
時おり登場する謎の”熊のぬいぐるみ”がいる。『005』ではこの”ぬいぐるみ”は、「この世界は、勝者と敗者、賢者と愚者、生者と死者でできているが、自分以外は敗者・愚者・死者だ。」と言う。唯一の”勝者・賢者・生者”を自認するこの”ぬいぐるみ”こそ「完全なロボット」なのではないのか。
そしてこのロボットこそ”ボラー”ではないのか?
これはぼくの根拠のない想像なのだが。

『005』の最後の部分ではプルートウの秘密らしきものが明かされる。プルートウとの戦闘により散ったヘラクレスに対しプルートウから無数の電磁波を発信されていた。そのほとんどは”憎しみ”だったという。しかし、一瞬”別のもの”が送られてきていた。
それは、・・・・

花園に1人の女性がたたずんでいる。
そして、彼女の発する「プルートウ・・・・?」という言葉で『005』は終わる。
彼女はプルートウの母親なのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壱岐の島 新春マラソン大会

連休を利用して「壱岐の島 新春マラソン大会」に参加した。

12日に壱岐に渡り、午後から観光バスで島内観光をした。体を飛ばされるほどの猛烈な風(おそらく風速20mを超えていただろう)と雨、それに寒さの中、主だった観光地を見て回った。壱岐は3回目だったが、幾つか調べてみたいことが見つかった。
例えば「月読神社」が芦辺町にあるのだが、伊邪那岐命の三貴子の中で最も影が薄い月読命を祀った神社が何故壱岐にあるのか?
例えば「猿岩」。神が壱岐を造ったとき、壱岐が流れてしまわないように八本の柱に壱岐を結わえ付けた。それらの柱のうち折れ残ったものが現在の猿岩だという。この話は記紀にはないはずだが、「八本の柱」とは何なんだろう?
他にもこの島に残る「百合若伝説」や「神功皇后伝説」についても調べてみたい。

そして、13日。マラソン大会当日がやってきた。幸い雨はやみ、強風も収まった。

この大会、島外からも多くの参加者が集まっている。最も遠くから参加した方が表彰されたが、この方は北海道・札幌から来島されていた。また、高齢の参加者が表彰されたが最年長は何と86歳で、80歳以上の方は8名おられた。

さあ、いよいよスタートの時が来た。エントリーしたのは一般5キロ。スタートから坦々と走り出す。今回は特に野心があるわけでもなく、30分以内に完走できればよいと考えていた。しかし半分ほど走ったところで自分と同年輩と思える人がそれほど見当たらないことに気付く。この大会は20歳代以下・30歳代・40歳代・50歳代・60歳代・70歳以上という年齢グループ内で上位6名が表彰される。だから「うまくすれば表彰」という思いがチラッと頭を過ぎる。

しかしこの思いは直ちに打ち消された。折り返したランナーたちがすれ違って行ったのだがその中に多くの同年輩や年長の人達がいた。そこで自分の位置がはっきりとわかった。いっぺんで力が抜けたが、こうなれば完走を目指すのみ。折り返しからはやや苦しかったがゴールをひたすら目指す。沿道から住民たちが旗を振って声援をおくる。この大会が島のイベントとして定着しているのがわかる。

ゴールが迫ってくる。見ると前を自分と同年輩とおぼしき人が走っている。一瞬アスリートの気分になり、必死に走って追い抜く。そして、ゴール。

身に着けていたタグでタイムが自動計測され自分の記録証をもらう。24分台だった。”まあまあ”という記録だ。しかし終わってみると5キロはなんとなく物足りなく感じる。

今年中にハーフマラソンを完走する。これを今年の目標にする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お正月が来た

「お正月」がやってきた。

子供の頃、「お正月」はなんだか分からないけど、
ウキウキと心がはずんだ。

「お正月」という唱歌の歌詞は次のようだった。

もういくつねるとお正月
お正月には凧あげて こまをまわして遊びましょう
はやく、来い来い、お正月

この歌には、「お正月」を待ちわびる子供の気持ちが
よく現れている。子供たちがそれほど待ちわび楽しみにした
のは、「お正月」が「特別な日」だったからだろう。
1年が終わり、新しい年がやってくる。
そのとき人々の心は改まり粛然とした。
「お正月」の日々は商店も全て閉まり、道路は
車もほとんど通らなかった。

ところが、いつの頃だったか元日も休まず営業する
「コンビニエンスストア」なる業態が出現する。
更には「ダイエー」が元日からの営業を始めたのを
機に多くの商店が元日営業をするようになった。
それに合わせて人々は元日から買い物をする。
街は「お正月」も人であふれている。

これで旧年と新年の境がなくなった。
「お正月」が特別な日ではなくなってしまった。

コンビニやダイエーが行ったことは、
以前から始まっていた「お正月が普通の日になる」
という変化を完成したに過ぎないのかもしれない。

しかし、人々が精神をリセットして生きていくためには
「お正月」のような特別の日が必要なのではないか。
それがなくなったために人々は古い垢を落とすこともなく、
ダラダラとメリハリなく生きるようになってしまったのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年4月 »