« 生物と無生物のあいだ | トップページ | 42.195km »

ヒヨケザル

小学生の時、図書室の動物図鑑に不思議な動物の絵を発見した。名前は「ヒヨケザル」。
犬に似た頭部で、ムササビやモモンガのような皮膜がある。こんな動物は動物園でも見たことがない。名前に「サル」がついているがサルではないと書いてあった。

ずっと後になってNHKのTVでヒヨケザルを撮影した番組を見た。
皮膜を張って樹間を滑空していた。実に不思議な姿をしている。こいつは何者だろうか?

この動物について先日新しいニュースがあった。
実は「サル」に近い動物だったらしいのだ。以下にそのニュースを引用する。


霊長類に近いのはヒヨケザル=東南アジアに生息-遺伝情報解析で判明・国際チーム

11月2日5時1分配信 時事通信

 哺乳(ほにゅう)類の中で、ヒトやサルなどの霊長類に最も近いのは、東南アジアの森林に生息するヒヨケザル類である可能性が高いことが分かった。米テキサスA&M大などの国際研究チームが遺伝情報を解析し、2日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 ヒヨケザルは名前と違ってサルの仲間ではなく、ムササビやモモンガに似ており、夜間に木の間を滑空する。飛膜が前脚と後ろ脚の間だけでなく、首や尾と脚の間にもあるのが特徴。

(引用終わり)


この記事によるとヒヨケザル類は霊長類に「最も近い」ということである。他にどんな動物を霊長類と比較したのかは書かれていない。また、「サルの仲間ではなく」と記事では述べているが、下記Wikipediaによるとヒヨケザル類を霊長類に含める見解が有力になりつつあるということである。以前「ラフレシア」についての投稿で書いたが、今後、遺伝子解析で従来の分類が根本的に書き換えられる事例が続発することだろう。

Wikipedia「ヒヨケザル」

ヒヨケザルの姿は次のリンク先でご確認ください。

樹木につかまったヒヨケザル

滑空するヒヨケザル

|

« 生物と無生物のあいだ | トップページ | 42.195km »

「自然・環境」カテゴリの記事

コメント

ハバネロの記事見ました

食べてみたいですね

自分も辛いものが好きでよく辛いもの食べます

投稿: | 2007年11月17日 (土) 12時21分

コメントありがとうございます。すっかり返事が遅くなりました。
ハバネロを食べるときは相当の覚悟が必要です。
私も辛い物好きですがハバネロは次元の違う辛さでした。

投稿: 七面草 | 2007年11月23日 (金) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185149/8760359

この記事へのトラックバック一覧です: ヒヨケザル:

« 生物と無生物のあいだ | トップページ | 42.195km »