« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »

多田富雄著『わたしのリハビリ闘争』

昨年の診療報酬改定で、発症から一定期間を経過したリハビリテーションを打ち切るという制度変更が行われた。これに対して、現実にリハビリ治療を受けていた多くの患者は反対の声を上げ、多数の署名が厚労省にたたきつけられた。この問題は国会でも取り上げられ、厚労省は一定の譲歩をしたかに見えた。マスコミでもこの問題がとりあげられることは少なくなり、私などは従前のようにリハビリ治療が続けられるようになったと思い込んでいた。

今回、多田富雄氏の『わたしのリハビリ闘争』を読み、リハビリを巡る状況が一層悪くなっていることを知って愕然とした。全く迂闊なことであった。厚労省は何の反省もしていなかった。相変わらずリハビリ医療破壊に邁進しているのである。

著者の多田富雄氏は「サプレッサーT細胞」の発見で知られる著名な免疫学者である。『免疫の意味論』という著作を読まれた方も多いのではないだろうか。ここに取り上げる『わたしのリハビリ闘争』は重度障害者となった多田氏による厚労省との闘いの記録である。

多田氏は2001年に脳梗塞を発症し、重度の「右半身麻痺」、「言語障害」、「嚥下障害」の後遺症が残り、4年間にわたってリハビリテーションを続けられてきた。

ところが昨年3月末、担当の医師より突然、「診療報酬改定により、4月より発症後180日を上限としてリハビリを実施できなくなった」と宣告された。リハビリによってかろうじて残存機能を維持することができていた多田氏はリハビリを継続できなくなったことを知った。

多田氏は直ちに4月8日付「朝日新聞」の「私の視点」に「診療報酬改定・リハビリ中止は死の宣告」という投稿を行った。この投稿で「リハビリを続けたおかげで何とか左手だけでパソコンを打つことができ、文筆生活を送っている」、「リハビリを拒否されたらすぐに廃人になる」、「構音障害に対する言語療法は180日より遥かに長い訓練が必要である」、と訴えた。

この投書は国民的共感を呼び「リハビリ打ち切り反対」の署名運動に発展した。40日余りの間に44万人を越える署名が集まり6月30日に厚労省に届けられた。

しかし、厚労省は無視を決め込んだ。その間に治療が打ち切られた事例が新聞で報道され、国会質問でも何度も取り上げられた。

やっと11月7日になって、「朝日新聞」に「患者切捨て批判は誤解」と題する厚労省医療課長個人名での反論投稿がされた。この投稿では、「制限日数を超えた患者は全国6000ヶ所の通所リハビリ施設へ移行できる」と述べられている。

直ちに多田氏は再反論を「朝日新聞」に投稿したが、朝日新聞は「同一人物が何度も登場するのは好ましくない」という理由で掲載しなかった。

この投稿で多田氏が行った主な反論は次の諸点である。
1.全国6000ヶ所とはデイケア施設の数であり、その中でリハビリを実施しているのはわずかな数に過ぎない。
2.そこで行われているリハビリも簡単な体操程度のものに過ぎずレベルが格段に低い。
3.厚労省は「回復期に重点的に手厚いリハビリを施す」とメリットだけを強調するが、一方では慢性期・維持期の患者の切捨てである。
4.厚労省は「高齢者リハビリ研究会」の専門家の「効果の明らかでないリハビリが長期間にわたって行われている」という意見を論拠としてきた。ところがこの研究会の議事録にはこのような指摘は一度もない。

全国保険医療団体連合会が9月から11月までの2ヶ月間にわたる562の医療機関に対する調査を行い、17000人余りがリハビリ医療を打ち切られている状況が明らかになった。この数字からリハビリを打ち切られた全患者数を推計すると20万人を超える。もはや厚労省は白紙撤回するほかない状況となった。

ところが厚労省は12月25日になって、社会保険事務局長宛の通達を出した。内容は、
1.リハビリを一律に打ち切ることは不適当である。
2.利用者を医療保険から介護サービスに円滑に移行させるように取り計らえ。
というものであった。一律打ち切りの制度変更を行った厚労省が、何ら受け皿にはなりえない介護保険に移行するように丸投げするものである。

このように多田氏のような患者の闘いにもかかわらず厚労省はリハビリ切捨ての政策を変更していない。多くの「リハビリ難民」が生み出されている状況が現在も続いている。

この本にはなぜ厚労省がこうした政策を打ち出してきたかの分析もなされている。ぜひ多くの方が一読されることをお勧めする。

最後に、自らのリハビリが打ち切られたあと亡くなった社会学者の鶴見和子氏の最後の短歌を2首、本書から孫引きする。

政人(まつりごとびと)いざ事問わん老人(おいびと)われ生きぬく道のありやなしやと

ねたきりの予兆なるかなベッドよりおきあがることのできずなりたり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

42.195km

12月2日の「福岡国際マラソン」の事前イベントとして、本日「福岡国際42.195キロウォーク」が開催された。この催しは昨年から始まったもので、「42.195キロ」、「21.1キロ」、「10キロ」、「5キロ」の4コースが設定されている。「42.195キロ」コースは福岡国際マラソンと同じコースを歩くもので、わたしはこれに参加した。

わたしの長距離ウォーキング歴は高校時代の「2つの歩き」に遡る。1つは福岡~佐賀間を峠越えで約60キロを歩いた。もう1つは福岡~久留米間を約40キロ歩いた。

今回の42.195キロはそのとき以来だから30数年振りに歩く距離ということになる。高校時代のこの2つのウォーキングでは実に疲労困憊したことを覚えている。終盤は足を引きずりながら喘ぎ喘ぎ歩いたものだった。あれから長い年月を経て老化したからだを考えると不安を覚えないではなかった。しかし一方ではこの間行ってきたトレーニングの成果を確認したい思いもあった。

毎年TVで福岡国際マラソンを見ているが、2時間少々でレースは終わってしまう。コースの各ポイント間もひどく近く感じる。しかし今回歩いてみてTVで見るのとは全く違う距離感を実感した。すぐ近くにあるはずの次のポイントが歩けども歩けども見えてこない。またクルマで運転している時の距離感とも当然ながら全然違うのだ。これが歩くことによる距離感なのだ。

結局、約7時間かけて全コースを完歩した。歩き終わって感じることは、高校時代の2つのウォーキングと比較すると遥かに余裕があったことだ。晩秋の街路樹の紅葉も楽しむことができた。トレーニングの効果も確認できた。そして歩くことの楽しさも改めて発見した。

ウォーキングは今後わたしの重要な趣味の一つになるだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒヨケザル

小学生の時、図書室の動物図鑑に不思議な動物の絵を発見した。名前は「ヒヨケザル」。
犬に似た頭部で、ムササビやモモンガのような皮膜がある。こんな動物は動物園でも見たことがない。名前に「サル」がついているがサルではないと書いてあった。

ずっと後になってNHKのTVでヒヨケザルを撮影した番組を見た。
皮膜を張って樹間を滑空していた。実に不思議な姿をしている。こいつは何者だろうか?

この動物について先日新しいニュースがあった。
実は「サル」に近い動物だったらしいのだ。以下にそのニュースを引用する。


霊長類に近いのはヒヨケザル=東南アジアに生息-遺伝情報解析で判明・国際チーム

11月2日5時1分配信 時事通信

 哺乳(ほにゅう)類の中で、ヒトやサルなどの霊長類に最も近いのは、東南アジアの森林に生息するヒヨケザル類である可能性が高いことが分かった。米テキサスA&M大などの国際研究チームが遺伝情報を解析し、2日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 ヒヨケザルは名前と違ってサルの仲間ではなく、ムササビやモモンガに似ており、夜間に木の間を滑空する。飛膜が前脚と後ろ脚の間だけでなく、首や尾と脚の間にもあるのが特徴。

(引用終わり)


この記事によるとヒヨケザル類は霊長類に「最も近い」ということである。他にどんな動物を霊長類と比較したのかは書かれていない。また、「サルの仲間ではなく」と記事では述べているが、下記Wikipediaによるとヒヨケザル類を霊長類に含める見解が有力になりつつあるということである。以前「ラフレシア」についての投稿で書いたが、今後、遺伝子解析で従来の分類が根本的に書き換えられる事例が続発することだろう。

Wikipedia「ヒヨケザル」

ヒヨケザルの姿は次のリンク先でご確認ください。

樹木につかまったヒヨケザル

滑空するヒヨケザル

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »