« ヨウスコウカワイルカ | トップページ | ハバネロ »

セミの鳴き声

私の住む福岡市では12日からツクツクボウシが鳴き始めた。このセミの声を聞くと夏が終わりに近づいたことを感じる。たとえ気温が35℃あろうとも。

私は小学生時代の数十年前に佐賀から福岡に越してきた。その当時福岡では7月になるとまずニイニイゼミが鳴き始め次いで梅雨明け頃(即ち夏休みが始める頃)にアブラゼミの声が聞こえ始めた。最後にツクツクボウシが立秋を迎える頃から秋の彼岸の頃まで鳴き続ける。

当時は佐賀でのセミの王者であったクマゼミ(佐賀ではその鳴き声から「ワシワシゼミ」と呼んでいたのだが)はまだ福岡には生息していなかったようだ。それが中学生になった頃からクマゼミの鳴き声を聞くようになったのだが、現在は福岡のセミの主役はクマゼミである。

このクマゼミが日本列島を北上し続けているという。温暖化の影響という説が有力であり、またこのセミは都市化に適応しやすいとも言われている。今年は関西圏で大発生したという。

クマゼミの”ワシワシ・・・・”という鳴き声を「うるさい」という人が多い。私にはそれが理解できない。私はクマゼミに限らず全てのセミの鳴き声を偏愛する。様々なセミが大音量で鳴く空間の中にいると私という存在が融解しセミの鳴き声と同化する。ほとんど”瞑想”と呼ぶべき精神状態に入ることができる。セミの鳴かない夏など考えることもできない。だから鳴き始めが遅い夏など、「もしかすると今年はセミが鳴かないのではないのか」と危惧するようになる。「Silent Summer」という不吉な言葉が頭をよぎる。その後「ワシワシ・・・・」の声を聞くとホッとするのだ。

西行の「願わくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月の頃」の和歌になぞらえるならば、私は夏のセミの大合唱の中で死にたいと思う。その時私は無数のセミの鳴き声として生まれ変わるとができるように思うのだ。


セミの鳴き声はこちらで聞くことができます。
日本のセミの鳴き声

|

« ヨウスコウカワイルカ | トップページ | ハバネロ »

「自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185149/7549648

この記事へのトラックバック一覧です: セミの鳴き声:

« ヨウスコウカワイルカ | トップページ | ハバネロ »