« カエルの呼称 | トップページ | 男と女 »

ティラノとニワトリ

まずは次の時事通信の記事をご覧いただきたい。


ティラノとニワトリは「血族」=6800万年前の骨から証拠-米研究班

【ワシントン12日時事】米ノースカロライナ州立大学などの研究チームは、6800万年前の恐竜ティラノザウルスの骨からタンパク質を抽出して分析した結果、遺伝的にティラノザウルスがニワトリの「血族」に当たる証拠を得たと明らかにした。研究論文は13日付の米科学誌サイエンスに掲載される。ロイター通信などが伝えた。
 鳥類と恐竜が進化上、近い関係にあるとの仮説は唱えられてきたが、分子レベルで確認されたのは初めて。鳥が恐竜から進化したとの説を補強する材料になるとみられている。


先月もこのブログで恐竜と鳥との類縁性について書いた。(「恐竜と鳥」)
今回の記事は直接ティラノサウルスの骨からタンパク質を抽出し分析を加えた結果を論文にした点が注目される。しかし2つの点が記事からははっきりしない。

1つ目は恐竜の骨からどのようにしてタンパク質を抽出したのかという点である。そもそも化石化した恐竜の骨からタンパク質を抽出することが可能なのか?

次に「遺伝的にティラノザウルスがニワトリの「血族」に当たる証拠を得た」ということであるが、ティラノサウルスのタンパク質と比較検討した「鳥」は「ニワトリ」だけだったのか。それとも複数の鳥のタンパク質と比較検討した結果、ニワトリのタンパク質がティラノサウルスのタンパク質と最も近かったということなのか?仮に後者だとしたらことは重大だ。何故なら、ティラノサウルスは単に鳥と類縁関係にあるというに止まらず、とりわけニワトリと近いということだからである。

この辺のところはオリジナルの論文を読んで見なければわからない。それにしてもこの記事の「ティラノとニワトリは「血族」」というタイトルには噴出してしまった。これではティラノサウルスを「ニワトリ科」(今の分類学ではこんな科名は採用していません。)に分類しなければならないように聞こえるではないか。

|

« カエルの呼称 | トップページ | 男と女 »

「古生物学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185149/6094471

この記事へのトラックバック一覧です: ティラノとニワトリ:

« カエルの呼称 | トップページ | 男と女 »