« 哺乳類型爬虫類 | トップページ | カエルの呼称 »

神功皇后伝説

私の居住する北部九州には濃密に神功皇后の伝説が存在する。

神功皇后は戦前の国定教科書では「三韓征伐」をした女性として登場する。そのため戦前の教育を受けた人々にとってはよく知られた人物である。しかし戦後は一転してこうした記述は史実ではないとして否定されたことにより、現在その存在は一部の古代史ファン以外にはそれほど知られていないと思う。

そもそも「三韓征伐」とは何か?記紀によれば神功皇后は九州の熊襲を討つため、筑紫の香椎の宮に夫の仲哀天皇とともに滞在していた。その時、住吉の神が神功皇后に憑依し、天皇に向かって「海の向こうに国がありその国をおまえに与える。」と告げた。しかし天皇はその言葉を信用しなかったために神の怒りを買い急死する。天皇の死後、神功皇后は神の言葉に従って海を越えて遠征する。

やって来た神功皇后の軍勢に恐れ慄いた新羅王は神功皇后に服属することを約束した。同時に百済・高句麗も帰服したとされることからこの遠征を「三韓征伐」と呼んだ。

戦前においては、これを史実とすることで日本による朝鮮侵略を合理化する根拠として利用してきた。それが戦後になって史実としては否定されたことは上記した通りである。

しかしながら私はこの神功皇后の存在がずっと気になっている。北部九州のいたるところに神功皇后の伝説が存在するからである。山に登っても、海に出かけても、神功皇后の伝説に遭遇する。これらの伝説の多くは戦前の歴史学の影響で新しく生まれたものとは考えにくい。私はこれらの伝説は何らかの史実が反映されているのではないかと疑っている。

私はこれから旅先で出会った神功皇后伝説を収集していこうと思っている。それらについては随時このブログで公開していく考えである。

最後に最近出会った神功皇后伝説を挙げておこう。


福岡市西区に姪浜という地名がある。その語源説話である。

神功皇后は戦勝後、胎内に後の応神天皇を宿したまま、小戸付近の浜に上陸する。この浜に濡れた衣類を干して乾かした。この衣類は、古代において肌着と上着の間に着たもので「袙(あこめ)」と呼んだ。そのためこの浜を「袙(あこめ)の浜」と言うようになったが、それが後に訛って「めいのはま(姪浜)」と呼ぶようになった。

因みに応神天皇は宇美(現・福岡県糟屋郡宇美町)で誕生したとされる。現在この地には宇美八幡宮がある。

|

« 哺乳類型爬虫類 | トップページ | カエルの呼称 »

「歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185149/5814375

この記事へのトラックバック一覧です: 神功皇后伝説:

« 哺乳類型爬虫類 | トップページ | カエルの呼称 »