« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

神功皇后伝説

私の居住する北部九州には濃密に神功皇后の伝説が存在する。

神功皇后は戦前の国定教科書では「三韓征伐」をした女性として登場する。そのため戦前の教育を受けた人々にとってはよく知られた人物である。しかし戦後は一転してこうした記述は史実ではないとして否定されたことにより、現在その存在は一部の古代史ファン以外にはそれほど知られていないと思う。

そもそも「三韓征伐」とは何か?記紀によれば神功皇后は九州の熊襲を討つため、筑紫の香椎の宮に夫の仲哀天皇とともに滞在していた。その時、住吉の神が神功皇后に憑依し、天皇に向かって「海の向こうに国がありその国をおまえに与える。」と告げた。しかし天皇はその言葉を信用しなかったために神の怒りを買い急死する。天皇の死後、神功皇后は神の言葉に従って海を越えて遠征する。

やって来た神功皇后の軍勢に恐れ慄いた新羅王は神功皇后に服属することを約束した。同時に百済・高句麗も帰服したとされることからこの遠征を「三韓征伐」と呼んだ。

戦前においては、これを史実とすることで日本による朝鮮侵略を合理化する根拠として利用してきた。それが戦後になって史実としては否定されたことは上記した通りである。

しかしながら私はこの神功皇后の存在がずっと気になっている。北部九州のいたるところに神功皇后の伝説が存在するからである。山に登っても、海に出かけても、神功皇后の伝説に遭遇する。これらの伝説の多くは戦前の歴史学の影響で新しく生まれたものとは考えにくい。私はこれらの伝説は何らかの史実が反映されているのではないかと疑っている。

私はこれから旅先で出会った神功皇后伝説を収集していこうと思っている。それらについては随時このブログで公開していく考えである。

最後に最近出会った神功皇后伝説を挙げておこう。


福岡市西区に姪浜という地名がある。その語源説話である。

神功皇后は戦勝後、胎内に後の応神天皇を宿したまま、小戸付近の浜に上陸する。この浜に濡れた衣類を干して乾かした。この衣類は、古代において肌着と上着の間に着たもので「袙(あこめ)」と呼んだ。そのためこの浜を「袙(あこめ)の浜」と言うようになったが、それが後に訛って「めいのはま(姪浜)」と呼ぶようになった。

因みに応神天皇は宇美(現・福岡県糟屋郡宇美町)で誕生したとされる。現在この地には宇美八幡宮がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

哺乳類型爬虫類

前回は恐竜と鳥について書いた。今回は哺乳類のご先祖について書こう。

多くの人々に哺乳類の祖先は爬虫類であったという認識はあると思う。だが、それが「哺乳類型爬虫類」という動物達だった、ということはそれほど知られたことではないだろう。恐竜について知らない人はいないのに我々人間のご先祖様を知らないとはどういうことだろうか。

そもそも恐竜が出現する前の陸上を闊歩していた動物こそこの「哺乳類型爬虫類」だった。しかし、恐竜が登場することによって陸上の支配権を恐竜に譲り、細々とその子孫が恐竜時代を生き続け、哺乳類への進化の過程をたどることになる。

そして約6500万年前の恐竜の絶滅後、様々な種類の哺乳類が地上に繁栄するようになった。その中から我々ヒトの祖先も登場してくる。それは以前の書き込みで述べたように遥かに後のこと(サヘラントロプス・チャデンシスが登場するのが約700万年前)なのだが。

さて、その「哺乳類型爬虫類」とはどんな動物だったのだろうか?
やや専門的になるが「哺乳類型爬虫類」は「単弓類」として分類されている。頭蓋骨に「側頭窓」という穴が一対存在するグループをこのように呼んでいる。現在生存する爬虫類や恐竜はこの穴が二対存在しているため「双弓類」と呼ばれる。鳥もこの穴が二対存在する。この点でも鳥は恐竜に近いといえる。

専門的な話はこれぐらいにして、代表的な「哺乳類型爬虫類」の復元想像図をリンクするので見ていただきたい。これらを見て恐竜の一種と思われる方が多いのではないか。しかしこれらの動物の中から哺乳類が進化してくることをお知りになったら、少しは彼らに親しみが湧かないだろうか。

ディメトロドン
ペルム紀前期(約2億9000万~2億7000万年前)に生存した背中に大きな「帆」を持つ肉食動物。哺乳類型爬虫類のうち「盤竜類」と呼ばれる古いタイプの動物。背中の帆は体温調節に役立ったと考えられている。

エダフォサウルス
ディメトロドンと同時期に生存した。「盤竜類」だが、こちらは草食動物。ディメトロドンと同様背中に大きな「帆」を持つ。

ティタノフォネウス
ペルム期後期に生存した。「盤竜類」についで現れた「獣弓類」に分類される。この獣弓類の中から哺乳類が進化してくる。

リストロサウルス
中生代三畳紀に生存したディキノドン類に分類される植物食の動物。カバに似た風貌を持ち、「かわいい」という感想を持つ人もある。

トリナクソドン
三畳紀に生存したキノドン類に分類される動物。毛を生やした復元想像図を見るともはや「爬虫類」とは呼びがたい。それもそのはず、この「キノドン類」の中から哺乳類が進化してくる。我々の直系のご先祖様といえるのだ。

恐竜と比べて不遇を託つ「哺乳類型爬虫類」について述べてみた。もう少し我々のご先祖様を大切にしようではないか。最近は彼らを「爬虫類」と呼ぶのをやめて「爬虫類型哺乳類」とする分類法もあるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

恐竜と鳥

恐竜とは何者か?

恐竜に対するイメージがこの30年ほどで大きく変わってきた。かつては恐竜というと「巨大なトカゲ」というイメージで捉えられてきた。しかしその後「恐竜=恒温動物説」が登場しかつて考えられてきた大トカゲイメージは大きく揺らいでくる。恐竜はトカゲというよりむしろ哺乳類のように俊敏な動物ではなかったか、というものである。

1990年代に入ると恐竜と鳥との近縁性が注目されるようになる。中国で羽毛のある恐竜が相次いで発見され、「鳥は恐竜の子孫」という説が通説に近い扱いとなってくる。

かつて恐竜の復元図といえば体表は鱗に覆われいかにもトカゲ風であったが、最近では多くの恐竜が羽毛で覆われた姿で描かれるようになっている。恐竜の代表として一般の人がイメージするティラノサウルスですらその祖先の化石に羽毛が存在したことから、ティラノサウルス・レックスでも少なくとも幼獣のときは羽毛が存在したと考えられるようになってきた。

では「鳥は恐竜の子孫」という説は正しいのか?ことはそう簡単ではないようだ。「ダイノバード仮説」というものがある。ジョージ・オルシェフスキーのとなえる説である。三畳紀に樹上性の爬虫類が存在し、その後飛行するように進化したものが鳥となり、地上に進出したものが恐竜になったというものである。オルシェフスキーは樹上性の共通祖先を「ダイノバード」と呼んでいる。このダイノバードは恐竜よりもむしろ鳥に近いものという考え方から通説とは逆に「恐竜よりも鳥が先に存在した」と主張した。

「恐竜の子孫は鳥」か、それとも「鳥の子孫が恐竜」か?爬虫類から恐竜が進化していく過程で鳥が分岐したと考えれば前者だろうし、逆に爬虫類から鳥が進化していく過程で恐竜が分岐したと考えれば後者ということになるだろう。この問題は、以前に私がこのブログで述べた「ヒトはチンパンジーから進化した」のか、逆に「チンパンジーがヒトから進化した」のか、という設問と類比的だ。

いずれにしろ、恐竜と鳥が近縁なグループであることは間違いないだろう。前回のブログで取り上げた伊藤若冲の描いた鶴の絵などを見ているとほとんど恐竜そのものではないか、と思えてくる。

最後に最近の記事を転載する。この短い記事だけからでは、「恐竜の子孫は鳥」か、それとも「鳥の子孫が恐竜」か、という設問に解答を与えることになるかどうかは判然としない。今後の研究の進展を注目しよう。


空を飛ぶまで1億年以上=鳥類の身体効率化、祖先の恐竜から-米英チーム (時事通信2007/3/8)

鳥類が空を飛ぶのに必要な効率良い身体構造は、2億3000万~2億5000万年前の祖先の獣脚類恐竜の段階で、全遺伝情報(ゲノム)の縮小という形で準備が始まっていたことが分かった。米ハーバード大と英レディング大の研究チームが、絶滅した恐竜と鳥類、現在の動物のゲノムを分析した成果を、8日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
 ゲノムが小さければ、細胞も小さい。特に血液に酸素を取り込む赤血球は、体積が小さいほど相対的に表面積が大きくなり、運動中の呼吸が容易となる。グライダーのように滑空するだけでなく、羽ばたいて飛ぶ現代型鳥類は約1億1000万年前に出現しており、空を飛ぶには長い「助走期間」が必要だったと言えそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

伊藤若冲

近年、江戸絵画ブームといわれている。「九州国立博物館」にて、その江戸絵画をテーマとした特別展「若冲と江戸絵画」が開催されている。昨日、私はこの展覧会を鑑賞してきたので、その報告を記したい。

狩野派・浮世絵・琳派といったこれまでの江戸絵画の中心とされたグループとは別の、伊藤若冲曾我蕭白といった人々が注目されることによって、近年の江戸絵画ブームは作られてきた。今回の特別展は米国人コレクターのジョー・プライス氏のコレクションの中から、伊藤若冲の作品を中心に出品されている。

伊藤若冲はプライス氏が収集を始めた1960年代にはほとんど一般には知られることがなかった画家である。このプライス氏によって伊藤若冲は日本人に再発見されたといってもいいかもしれない。

今回の特別展を見て思うことは、伊藤若冲という人の画家としての幅の広さである。超絶技巧を尽くしたことが見て取れる作品から、素朴な水墨画まで、技巧やテーマの幅が実に広い。ある傾向の作品をみて「これが若冲だ」と思っていると次の作品を見ると裏切られる。そこには、まったく別の若冲がいる。展示された中からいくつかの作品を取り上げたい。

猛虎図
雪原(?)で右前足の肉球を舐めている虎。毛皮の柔らかい質感が微細な描画によって表現されている。顔を埋めて眠ったら気持ちがよさそうだ。

伏見人形図
7人の人形が行進している。どこに向かっているのだろうか?横広の顔の表情が柔らかい。昔話の一場面を連想させる。

鶴図屏風
六曲一双の鶴の水墨画。様々な姿態の鶴が描かれている。卵のように見える鶴、菊の花のような鶴。そして上段の左から2番目の鶴は、飛び上った瞬間か、逆に着地の瞬間か、動きの一瞬を捉えている。若冲はこれらの絵を鶴を観察して描いたのだろうか。それとも彼の頭の中で鶴を動作させたのだろうか?

紫陽花双鶏図
上記のような作品に心を和ませていると、ついに今回出品中の最高傑作の登場。闘争する二羽の鶏。左側の鶏の眼光の鋭さ。凶暴さを引き立てる鶏冠の赤色の細かい斑点。微細を極める羽毛の描写。紫陽花の花びらは青い宝石を嵌め込んだように見える。

鳥獣花木図屏風(左隻右隻
そして一般に最も知られている若冲作品はこれかもしれない。映像クリエイター紀里谷和明が妻である宇多田ヒカルのプロモーションビデオに採用したのがこの絵である。そのPVでは絵の中の動物達を動かしていた。
この絵は「桝目描き」と呼ばれる技法により描かれている。タイルを嵌め込んだような合計約8万6千個もの桝目を塗り分けることにより独特の立体感を生み出している。「デジタル画」と評する人もいる。
絵の中には何種類の動物達がいるのだろうか?鳳凰や麒麟といった明確に想像上の動物も存在する。鶏の左側の鳥は明らかにヒクイドリだ。こんな鳥を若冲が知っていたとは思われない。と思ってWikipediaで調べてみると、「江戸初期にオランダから幕府に献上された記録がある」という。そのときの絵を参考にしたのだろうか。
そのほか正体不明の動物も多い。象の左側に2頭いる頭が2つあるように見える動物はなんだろうか?また象の右側の動物もいま一つわからない。クロヒョウだろうか、ツキノワグマだろうか?タスマニアデビルのようにも見える。
この絵は若冲の連想した動物の楽園なのだろうか?私はこの絵を始めて見たとき、アンリ・ルソーの絵を連想したが、ルソーの絵と比べても遥かに動物の種類が多い。江戸期の画家の中で(というより日本美術史中の全ての画家を含めても)この発想の異次元性は際立っている。

若冲以外にも、蕭白の「寒山拾得図」、長沢芦雪の「白象黒牛図屏風」、柴田是真の「お多福鬼図」など面白い絵がたくさんあった。

2時間ほどだったが楽しく幸せなひと時を過ごすことができた。

| | コメント (7) | トラックバック (4)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »