« 東国原 | トップページ | 消えた半ズボン少年 »

どろろ

映画「どろろ」(公式ホームページ)を見た。手塚治虫原作の実写版映画化である。

戦国時代とおぼしき時代。醍醐景光(かげみつ)という武将が天下取りを祈願し、その代償として魔物に対しこれから生まれてくる子供の体を差し出す。そのため子供は48ヶ所の体の部分が欠損した状態で誕生する。子供は母親により川に流される。寿海という男がその子を拾いあげ、欠損した体の部分を作成して補い育てる。

成長した子供は百鬼丸と名乗り、魔物と戦い奪われた体の部分を奪還していく。旅の途上、どろろという少女と出会い同行する。どろろは父親を醍醐景光に殺害され、また母親も行き倒れて死んでいる。そのため醍醐景光を仇として付けねらっている。

百鬼丸は醍醐景光の城下で景光の息子多宝丸と出会う。多宝丸の母親は百鬼丸を見て自分が産んだ子供(その子も多宝丸と名付けられていた!)であることに気が付く。百鬼丸は多宝丸と戦い多宝丸は死ぬ。醍醐景光は百鬼丸を倒すためにそれを阻止しようとした母親(自分の妻)を切り殺す。

そしてクライマックスは百鬼丸と醍醐景光との対決となる。

この映画は自分の失われた部分を奪い返すことにより真の自分に近づいて行くという成長物語としても解釈できるように作られている。しかしCG等の映像はキッチュで手塚作品の実写化ということで期待して見る人は失望するかもしれない。

私はこの映画を見て、いたる所に既視感を覚えた。醍醐景光の城はまるで「千と千尋の神隠し」の「油屋」にそっくりだし、魔物との対決シーンは「HERO」のアクションシーンそのものだった(と思っていたら撮影に「HERO」のチン・シウトン監督が参加していた。Yahoo!映画参照)。魔物が人間の子供をさらって餌にしているという話などは「西遊記」になかっただろうか?

手塚作品の映画化としての思い入れをなくしてみれば、十分に楽しめる映画だ。

|

« 東国原 | トップページ | 消えた半ズボン少年 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185149/5210133

この記事へのトラックバック一覧です: どろろ:

» 『どろろ』 [HELLOGOODBYE]
『どろろ』 監督:塩田明彦 原作:手塚治虫 出演:妻夫木聡 柴咲コウ 世界は彼らの旅路に意味を与えてくれる。百鬼丸の辛気臭い顔も、どろろのだだっ子のごとき怒りも、それが世界にぶつけられ跳ね返ることによって、はじめて意味を持つ。すべての意味なき事柄が、対象をもち、運動を手に入れると、それは映画となる。 たとえどんなにCGがチープでもアクションがクソでも、百鬼丸が生まれてきそうな、子供が化け物に喰われてそ�... [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 16時04分

» どろろ [Akira's VOICE]
自分探しは永遠に終わらない! [続きを読む]

受信: 2007年2月10日 (土) 10時27分

» どろろ [ray’s home]
 映画「どろろ」を見ました。  芝咲コウ、妻夫木聡の人気若手スター共演ということで、さらにニュージーランドロケ、原作は手塚治虫という話題性もあり。  「マリー・アントワネット」よりはかなり好感が持てました。柴咲コウの頑張りが何といっても印象的。男言葉...... [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土) 11時23分

» 『どろろ』を観てきました(ネタばれ感想文) [らくあきありす]
プロフに映画好きと書いてるのに久しぶりにみました(多分デスノ以来)。 そして本格的な感想を書くのは多分『ほしのこえ(新海誠さん)』以来ww 最近余りにも忙しくて映画観てなかったからなー、 せめて月1で観るというペース... [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 02時06分

» 映画vol.106 『どろろ』*試写会3 [Cold in Summer]
どろろ ナビゲートDVD〜序章〜 監督:塩田明彦 アクション:チン・シウトン 出演:妻夫木聡 柴崎コウ 瑛太!   製作:2007年 日本 公式HP 試写会第3弾は、どろろでした♪ アニメの録画を見せてもらったことがありましたが、「誕生時....... [続きを読む]

受信: 2007年2月22日 (木) 14時56分

» 『どろろ』 [京の昼寝〜♪]
失われた体と心を取り戻すために、今こそ運命に挑め ■監督 塩田明彦■原作 手塚治虫 ■キャスト 妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、原田芳雄、中村嘉葎雄、原田美枝子、瑛太、杉本哲太、土屋アンナ、劇団ひとり □オフィシャルサイト  『どろろ』  戦乱の世で天下統一の野望を抱く武将・醍醐景光(中井貴一)は四十八体の魔物から強大な力を与えられるが、その見返りに生まれくる我が子を捧げた。 やが... [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 08時27分

» 【2007-13】どろろ [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
ある戦乱の世─ 魔物に奪われし体の四十八箇所を取り戻す旅をする者がいた そして、その左腕に仕込まれた刀を盗もうと旅を追うもの 運命をぶった斬れ 二人でひとつ 物語が、動き出す。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 00時14分

» どろろ <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
「PG−12」だけあって いきなり首チョンパで血まみれ〜〜子供が怖がる様な場面多々有り。が、とっても手塚ちっくな話で面白かった一緒に観に行った旦那は 妻夫木君がこんなにカッコいいヤツとは知らなんだと、えらく褒めていた。 「どろろ」 ってタイトルやけど妻...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 8日 (木) 02時29分

» ツマブキ 聡 柴咲 コウ 熱愛の真相 [情報ジャーナル]
ツマブキ 聡について1997年に300万人が応募した「スタアオーディション」でグランプリを獲得。 1998年にドラマ『すばらしい日々』でデビューし、2000年に出演した『池袋ウエストゲートパーク』(TBS)でブレーク、2001年には『ウォーターボーイズ』(東宝)で映画初主...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 8日 (木) 19時38分

» 映画「どろろ」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2007年8本目の劇場鑑賞です。「黄泉がえり」「この胸いっぱいの愛を」の塩田明彦監督作品。手塚治虫の同名漫画を映画化した冒険活劇大作。失われた元の体を取り戻すため魔物との闘いを繰り返す百鬼丸とそんな百鬼丸をつけ回す盗人・どろろが繰り広げる旅の行方を壮大なス...... [続きを読む]

受信: 2007年3月22日 (木) 18時13分

« 東国原 | トップページ | 消えた半ズボン少年 »