« 消えた半ズボン少年 | トップページ | 助走 »

ピロリ菌

ピロリ菌について注目すべきニュースがある。 (毎日新聞 Yahoo!ニュース


(転載開始)
<ピロリ菌>人類感染は5万8000年前 日米欧チーム研究

胃かいようなどの原因とされるピロリ菌に人類が感染したのは、人類がアフリカにいた約5万8000年前とする研究成果を、日米欧などの合同チームがまとめた。また、地域や民族によってピロリ菌の遺伝子が違うことから、日本人の起源の解明など、人類の足跡を知る「証拠」にもなりうるという。7日付の英科学誌「ネイチャー」で発表した。

 チームは6年がかりで世界51民族、769人の胃からピロリ菌を集め、菌の遺伝子の違いを分析した。その結果、遺伝子は民族ごとに異なり、アフリカや欧州、アジアなど地域ごとに6種類に大別されるほか、人類が最初に誕生したとされる東アフリカを起源に変化してきたと考えるのが最も合理的との結論を得た。人類がアフリカから各地に移住し始めたのは約5万年前とされているが、遺伝子の変化を逆算し、最初の感染時期はさらに約8000年さかのぼるとみられる。

 ピロリ菌の遺伝子を比べると、例えば北米の先住民と日本人が似ているほか、在米アジア人は2世までアジア人タイプのピロリ菌を持っており、ヒトの遺伝子を使った解析よりも詳しい移住の歴史が解き明かされる可能性もあるという。

 チームの山岡吉生・米ベイラー医科大准教授(分子病原学)は「ピロリ菌は、人類史初期のアフリカ時代から人類を胃炎で悩まし、まるで遺伝のように受け継がれているらしいことが分かった。菌の感染経路や、国や地域によって胃がんの発生率が違う原因の解明などにもつながるはず」と話している。【山田大輔】

 ◇ピロリ菌…胃の中にいる細菌。胃や十二指腸のかいようを起こすことを豪州の研究者が解明し、05年のノーベル医学生理学賞を受賞した。先進国の中で日本は感染率が高く、国民の約半数が感染しているとされる。感染者は胃がんの発症率が5~10倍高いとの研究がある一方、大部分は生涯症状が出ないという。

最終更新:2月8日3時6分
(転載終了)


ピロリ菌は正式名称をHelicobacter pylori(ヘリコバクター・ピロリ)呼ぶ細菌だ。ヘリコバクターとはらせん形の細菌という意味である。強酸性の胃液に覆われた胃の中には細菌は生存できないとかつて考えられたが、そこに生きていたのがこの細菌だ。こいつは胃炎、胃潰瘍、さらには胃癌の原因と考えられている。

私は以前、数年おきに起こる胃潰瘍に悩まされていた。病院で検査してもらうとピロリ菌陽性と判明、薬による除菌を行った。これによりあれほど苦しんだ胃痛から開放された。皆さんの中で繰り返し胃潰瘍を起こす方には一度ピロリ菌の検査を受けられ、陽性の場合は除菌されることをお勧めする。(胃潰瘍があれば保険適応)

感染原因は完全には解明されていないが、次の4ルートが考えられているという。(「ピロリ菌と慢性胃炎・胃潰瘍・胃癌のサイト」参照)

(1)糞口感染・・・・感染者便中からピロリ菌が検出されることから、水洗トイレの普及していない地域での井戸水を介した感染か、「ハエ」「ゴキブリ」などが感染の媒介になっているとの説。

(2)家族内感染(口~口感染)・・・・口腔内(唾液)からピロリ菌が検出され、「母親から子への感染」「父親から子への感染」「兄弟同士の感染」など全て確認されてる。感染するのは主に子供で、親子間のキスや家族一緒の食事が感染原因の可能性がある。

(3)施設内感染・・・・保育所・幼稚園での小児の集団生活が感染源という説。

(4)医療感染・・・・・消毒の不十分な医療行為(胃カメラ、歯科治療など)が原因いう説。

成人になってからのキスによる感染の可能性については否定説が多いが、危険性を指摘する研究者もあるようだ。

さて、冒頭の記事だが、そのピロリ菌の遺伝子分析により東アフリカでヒトは58,000年前に最初にピロリ菌に感染したことがわかるという。これは「ミトコンドリア・イブ仮説」の裏づけになると思う。さらに、アフリカから世界中へのヒトの移住の歴史も解明できる可能性があるという。「ピロリ菌人類学」とでも呼ぶべき研究の進展が楽しみだ。

【参考リンク】

ヘリコバクター・ピロリ(Wikipedia)

ピロリ菌事典

マイカルテクラブ医学シリーズ

|

« 消えた半ズボン少年 | トップページ | 助走 »

「医学・医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185149/5306620

この記事へのトラックバック一覧です: ピロリ菌:

» 【抗ガン漢方薬・天仙液】資料とサンプル無料配布中! [【抗ガン漢方薬・天仙液】資料とサンプル無料配布中!]
ガンとの闘いに私は克った!抗ガン漢方薬・天仙液。資料と試供品を配布中。 西洋医学と漢方医学の複合で驚くべきガン治療効果が! [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 14時59分

» 胃かいようなどの原因とされるピロリ菌 [予防の医学を敬愛する]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070208-00000015-mai-soci 日米欧チーム研究によると、ピロリ菌に人類が感染したのは、 人類がアフリカにいた約5万8000年前なんだそうです。 最近は、唾液で感染しているかどうか、検査することができますし、 ピロリ菌は、抗生物質で死滅させることもできるので、 特に、高齢の方は感染率が高いので、調べてもらった方が良いと思います。...... [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 13時17分

» ピロリ菌でどんな病気の心配がある? [ピロリ菌.net:]
【ピロリ菌でどんな病気が起こる心配があるのか?】 先ず、胃炎や消化性潰瘍(胃・十二指腸潰瘍)の原因として重要な役割を果たしていることが明らかとなっています。 [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 15時49分

» 胃腸風邪 [胃腸の風邪]
元気で夕食を食べ、お風呂にも入って後はもう床につくだけ...という時になって、突然に嘔吐が襲いました。何か消化に悪いものを食べたのかなと夜の食事を思い出しても心当たりはありません。 ひょっとして、これって今流行している胃腸風邪かしら? 少し喉が痛いナ-とは思っていたけど....そういえば友達が急に吐いたりするのよと言ってたっけ。どこで感染したのか? 吐き気があるので、何か食べようという...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 18時12分

» 胃腸風のときの食事 [胃腸の病気 細菌 ウイルス]
この冬は胃腸風邪が流行りました。突然の吐き気や下痢がおそいます。一番よい対処法は、お腹をカラにして安静にすることです。体力も消耗して胃腸風邪にたいする抵抗力も落ちているのでこの際に、栄養をつけなくてはと思います。しかし、食べれば食べるだけ吐いてしまう胃腸風邪なので、食事をまともにとることも出来ません。胃腸風邪にかかると、吐き気で食べられないのは無論ですが、下痢の症状もはげしいので脱水症状となります。食事よりも何よりも脱水症状を防ぐために水分の補給が第一の優先課題です。吐き気が...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 19時13分

» ピロリ菌を抑え込め [美容・健康・ダイエット簡単実践方法]
ピロリ菌の抑え方 [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 20時47分

» 胃腸 病気 [胃腸の病気の症状]
胃腸の病気には様々な症状がありますが、中には全く無症状のものもあります。そういうものの多くは、別に健康上問題ないので治療の必要がないものも多いようです。食道憩室食道に袋状の突起物が発生する病気であるが、健康上の問題はないとされるため治療される...... [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 09時21分

» 【胃がんの症状】 こんな症状に要注意! [【胃がんの症状】 こんな症状に要注意!]
日本人に多い胃がん! 最近、”胃薬”を飲んでいませんか? 最初は胃がんの自覚症状は軽いんです。でも放っておくと。。。 胃がんの症状を確認してみませんか? [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 21時58分

» 抗がん漢方薬! [無料!資料請求サイト!]
弊社の取り扱っている「天仙液」とはアメリカ食品医薬品局では漢方サプリメントとしてオーストラリア、香港、タイでは医薬品として認可されている抗ガン漢方薬です。現在、無料で詳しい資料と試供品を贈呈中です。 ... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 21時07分

» erotic stories comics [erotic stories comics]
erotic stories comics [続きを読む]

受信: 2007年3月17日 (土) 04時25分

» 胃腸風邪の症状 [胃腸風邪の症状]
[続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 03時03分

» 胃腸の病気 [胃腸の病気]
[続きを読む]

受信: 2007年3月20日 (火) 15時57分

» 肝臓がん 症状 [肝臓がん 症状]
肝臓は沈黙の臓器といわれているように症状がはっきりしてきたころに手遅れとなっている場合が多いのが肝臓がんの恐ろしいところです。ただ肝臓がんの症状の一般的な傾向として全身倦怠感食欲不振微熱が続いているみぞおちのあたりにしこりがある黄疸が...... [続きを読む]

受信: 2007年3月21日 (水) 06時12分

» 扁桃腺の痛み [扁桃腺の痛み解決]
扁桃腺の痛み。扁桃腺は炎症を起すと肥大して激しい痛みを伴います。扁桃腺が腫れてひどく痛みのでる急性扁桃腺炎があります。これは細菌感染によって扁桃腺が赤く腫れ、表面に膿がついた状態になります。扁桃腺が腫れると痛みが出ることはもちろんですが、発熱と首のリンパ節の腫れも併発してさらに痛みます。この急性扁桃腺炎はさらに奥にある扁桃腺に炎症の腫れが及ぶと扁桃腺周囲炎となり痛みます。扁桃腺周囲炎の状態で膿がたまると扁桃腺周囲膿瘍になり痛みます。この場合は扁桃腺の腫れを簡単な切開によって処...... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 04時24分

« 消えた半ズボン少年 | トップページ | 助走 »