« ストーンヘンジ | トップページ | ヒト科 »

ちあきなおみ

ちあきなおみ という歌手がいた。
過去形で書いたが故人でもなければ「引退した」と本人が宣言したわけでもない。1992年に夫が死去した後、歌手活動を休止したまま現在に至っている歌手だ。平成生まれの方は知らない方も多いだろう。お笑い芸人コロッケのモノマネでご存知の方もおられるのではないか。あるいは古いテレビCMの「タンスにゴン」というのでご記憶の方もおられるだろう。

私にとっては初期のヒット曲に「四つのお願い」、「喝采」という曲があったことは記憶しているが、多くの人々と同様すでに過去の歌手だった。その ちあきなおみ に再評価の機運が高まり多くのTV番組で取り上げられるようになってきた。2月16日にもテレビ東京系の「たけしの誰でもピカソ」で特集された。

私はこの番組を見て ちあきなおみ が大変な歌手であったことを再認識した。彼女の熱心なファンの方からは「いまさら何を」と言われるだろうが。番組で彼女の歌を聴いているとその歌が描き出す世界へと誘われる。歌手としてのただならぬ力量を感じさせられた。

特に「朝日のあたる家」という楽曲にはブッ飛んだ。この曲はブリティッシュ・ロックのアニマルズの1960年代の名曲だ。その曲を浅川マキ(オフィシャル・ホームページ)が訳詩したものを歌っている。(この浅川マキも ちあきなおみ 以上に伝説の歌手と呼ぶべき存在だが、彼女についても何時かここで取り上げたい。)

♪私が着いたのはニューオリンズの朝日楼という名の女郎屋だった♪

という歌い出しのシャウトで一気にこの歌世界にぶち込まれる。その後淡々とした唱法に変化して物語を語っていく。情景が目に浮かぶ。そして最後に再び出だしの歌詞が歪んだ声でシャウトされる。凄い、ただただ凄い。

この番組を見て後、「朝日のあたる家」を含むCD『ちあきなおみ VIRTUAL CONCERT』を購入し、今そのCDをかけながらこれを書いている。収録されたどの曲も素晴らしい(特に「プラットホーム」、「紅い花」がいい)。これほどの歌手だったのか。

彼女の復帰を古くからのファンとともに望みたい。もし実現したら彼女には様々なジャンルの曲を歌って欲しい。どんなジャンルの曲を歌っても彼女の世界を作ってくれると思う。ロックではイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」やレッド・ツェッペリンの「天国への階段」等を聴いてみたい。

|

« ストーンヘンジ | トップページ | ヒト科 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
トラックバックありがとうございます。
ちあきなおみの特集を見逃したのはとても残念です。

私は彼女の特別なファンというわけではなかったんです。まあ、子供の頃からずっと聴いていたんですが。

大人になった今、彼女の歌を聴き直すと、スゴイ人だったんだなあと思います。私もすこし歌をかじっているので、多少はわかるのですが、ジャンルを超えて訴えてくる「なにか」を感じます。

投稿: ピースうさぎ | 2007年2月21日 (水) 13時33分

ピースうさぎさん、はじめまして。

ご返事が遅くなりました。
ちあきなおみさんは、彼女が歌っていた当時は特に好きな歌手ではありませんでした。むしろどちらかと言えば嫌いな歌手でした。それが今CDを買ってきて毎日彼女の歌を聴いています。どうしたことでしょうか。遅れてきたファンとしてこれからずっと聴き続けて行くことになると思っています。

投稿: 七面草 | 2007年2月23日 (金) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185149/5397353

この記事へのトラックバック一覧です: ちあきなおみ:

» 団塊の世代 ちあきなおみの喝采(かっさい) [団塊の世代 ちあきなおみの喝采(かっさい) ]
団塊の歌 ちあきなおみ[[喝采(かっさい)」1972年、「喝采(かっさい)」が大ヒットとなり、日本レコード大賞を受賞した。この「喝采(かっさい)」は当時ちあきなおみの実体験を元にして作詞されたというが、実は全くのフィクションだった。「喝采(かっさい)」この歌は渡しの好きな歌です。カラオケで必ず歌います。[[いつものように幕が開き」から始まる、なんとなく投げやりのような歌い方とフレーズは魅力スターになった彼女が、場末の歌手のようにこの歌を歌うのは、団塊世代の特徴かとも思えます。...... [続きを読む]

受信: 2007年5月12日 (土) 20時57分

« ストーンヘンジ | トップページ | ヒト科 »