« ヒト科 | トップページ | 伊藤若冲 »

チンパンジー科

昨日の書き込み「ヒト科」に関して少し補足したいと思う。

ヒトとチンパンジーの遺伝的距離が極めて近いとすれば、グループ名は「ヒト科」でなく「チンパンジー科」でもよかったはずである。もちろんそうしなかったのは我々ヒトをチンパンジーのグループに入れることに分類学者が耐えられなかったからだろう。「チンパンジーはヒトの一種だ」ということならまだヒトとしてのプライドも守れるというものである。

ところでこのことに関してより本質的な問題がある。それはヒトとチンパンジーの共通祖先はチンパンジー的だったのか、それともヒト的なものだったのか、というものである。「ヒトはチンパンジーから進化した」のか、逆に「チンパンジーがヒトから進化した」のか、と言い換えてもいい。

このことを考える上で重要な化石の発見が西暦2000年前後に相次いだ。これら化石”人類”達はいずれも直立二足歩行をしたと考えられている。生存年代の古い方から順にあげる。

サヘラントロプス・チャデンシス (Sahelanthropus tchadensis)
約700万年前に生存。サヘラントロプスは「サヘル(サハラ砂漠の南)のヒト」の意味。また「トゥーマイ(現地語で生命の希望の意味)」という愛称で呼ばれている。
オロリン・ツゲネンシス(Orrorin tugenensis)
約600万年前に生存。オロリンは現地語で「最初のヒト」の意味。
アルディピテクス・ラミダス・カダバ(Ardipithecus ramidus kadaba)
約520万年~580万年前に生存。アルディピテクスは「地上のサル」・カダバは現地語で「祖先」の意味。

注目すべきはその生存年代の「古さ」だ。それまでヒトとチンパンジーの進化上の分岐はDNA解析から約500万年前とされてきた。ところが上記の3種の化石人類はこの年代よりも古いのである。そのため現在の通説は「分岐は約700万年前」と訂正されている。

しかし、上記3種を「ヒト・チンパンジー分岐」より以前の存在と考えることはできないのだろうか?つまり彼らはヒトとチンパンジーの共通祖先であると。仮にその考えが正しいとすると、直立二足歩行をするヒト的な動物からチンパンジーが進化して二次的に直立二足歩行をやめたということになる。「ヒトからチンパンジーが進化した!」

いずれにせよ「ヒトはいつどのような理由でヒト的な要素を獲得してきたのか」ということが解明されていく必要があるだろう。

【関連リンク】
最古の人類に迫る 700万年前の化石の謎」(日経サイエンス)
人間性の進化 700万年の軌跡をたどる」(日経サイエンス)

|

« ヒト科 | トップページ | 伊藤若冲 »

「人類学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185149/5482557

この記事へのトラックバック一覧です: チンパンジー科:

» 進化なの?狩りをするチンパンジー [ダイエットとリバ…の日々から]
ヤリで狩り、びっくりチンパンジー…アフリカで観察 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070223-00000405-yom-soci&kz=soci ほら、え〜とあの…蟻塚に木の枝?を突っ込んで蟻を捕まえるお猿さん達、 あれもチンパ... [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 21時03分

» 《1》人類の誕生:600〜700万年前 [EARTH, OCEAN, and LIFE]
{{{しばらくお休みしていましたが、ぼちぼち再開します。よろしくお願いします。 ちょっと気分を変えて、「古生代」から一気に「人類の進化」にジャンプします! (中生代〜新生代は不定期に記事を追加していきます。)}}} === 新シリーズ:人類の誕生と進化 === === 第1話「人類の誕生:600〜700万年前 アフリカの森で... === 地球上に人類が誕生したのは今からおよそ600〜700万年前のことです。 ==== 人類..... [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 09時50分

« ヒト科 | トップページ | 伊藤若冲 »