« ダイオウイカ | トップページ | 古謝 美佐子 »

ツボカビ症

世界中で両生類に壊滅的な打撃を与えてきた「ツボカビ症」が日本国内でも確認されたと報じられている。(例えば朝日新聞「両生類絶滅させるカエル・ツボカビ症、国内で初確認」)本日付の「朝日新聞」でも、「ツボカビ症 カエルの危機は人の危機」という社説を掲載した。
「ゲロゲロ、困ったな。ぼくたちカエルの一族と両生類の同胞が、絶滅の危機だというではないか。ツボカビ症という皮膚病が地球のあちこちで猛威をふるっているようだ。」というカエルの言葉で書き出している。

この病気はツボカビという真菌(カビ)の感染によって発症する。もともとアフリカのカエルに起きていた病気だということだが、このカエルが人間の妊娠判定に使われるために輸出され、それにともなってツボカビも世界中に広がってきた。さらにペットブームによりカエルの感染が増えたということだ。
日本野生動物医学会世界自然保護基金(WWF)ジャパンは共同で出した「カエルツボカビ症侵入緊急事態宣言」の中で「むやみに野生の両生類をペットとして飼育することは慎んで」と訴えている。

近年、カエルが世界的規模で激減しつつあると報じられてきた。その原因の一つがツボカビ症ということだろう。他にも酸性雨・化学物質などの複数の原因が複合していることが考えられている。確かにカエルの姿を見ること、その声を聞くことは最近ほとんどなくなった。皆さんはこの一年間にカエルを見かけられたことはあるだろうか?

カエル以外の小動物たちも私達の周りから急速に姿を消しつつある。私の幼少期に普通にいた、アメンボ、ゲンゴロウ、ミノムシ、クモ、チョウなど最近ほとんど見かけない。

これまで地球は5回の生物種の大量絶滅を経験している。現在6度目の大量絶滅が進行しつつあると指摘する学者もいる。そして今回の大量絶滅には人間が関与している可能性が大きい。

|

« ダイオウイカ | トップページ | 古謝 美佐子 »

「自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185149/5116537

この記事へのトラックバック一覧です: ツボカビ症:

« ダイオウイカ | トップページ | 古謝 美佐子 »