« 精霊の王 | トップページ | 丁亥(テイガイ・ひのとい) »

ブッダ最後の旅

五木寛之のインド旅行記『仏教への旅』(インド編)上・下を読み終えた。来年NHKで放送される番組に向けて五木寛之がインドをはじめとしてアジア各国・日本・アメリカを旅し、そのインド編を書籍化したものがこの本である。

八十歳の仏陀が自らの死期を覚り最後の旅に出るその道中を70歳を超えた五木寛之がたどる。仏陀は「この世は苦である」と説き続けたが、その最後の旅では「この世は美しい。人間の命は甘美なものだ。」と語る。

一見正反対とも思えるような二つの言葉をどう捉えればいいのか?様々に解釈できるだろうが、両方とも真というべきだろう。

|

« 精霊の王 | トップページ | 丁亥(テイガイ・ひのとい) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185149/4678742

この記事へのトラックバック一覧です: ブッダ最後の旅:

» 仏陀の化身を発見! [無料ニュース]
仏陀の化身を発見! [続きを読む]

受信: 2006年12月29日 (金) 22時55分

« 精霊の王 | トップページ | 丁亥(テイガイ・ひのとい) »